一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【大阪地区 法規2,3講習会の参加者アンケート結果】
2016年04月25日
■【大阪地区 法規2,3講習会の参加者アンケート結果】
4月16日,17日に開催した法規2,3講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・以前の法規講習会に参加し、これまで漠然と法令集を引いて時間ばかりかけていた事の無駄を痛感。頭の中にマップを描く事で、法規の解き方に光りが見えたように感じたので、さらにマップの構築を計りたいです。
 
・既存不適格の概念があいまいなのと関係法令が苦手なので、ポイントを知りたいと思い参加を希望しました。
 
・法令を読むのが苦手で理解できていない部分がたくさんあるので、法令全体の体系的な理解を身に付けたい。
 
・個人学習だけではフォーカスポイントの見落としや難解な部分は理解しきれないところがあるため。
 
・モチベーションも上がってきているので、一気に仕上げていきたい。
 
・独学生には貴重な講習会だから。
 
・法規で得点を取りたく、得点を取るために必要な知識を得たいと思ったから。

   
【参加した感想】 
・今回も充実した講義内容でした。法令のトレーニングは条文をイメージ、規定の内容をイメージしていくと、実際の問題もいちいち法令集を見ずに解答が見いだせたので、トレーニングをしていきたいと思います。あと、条文のつながりは大事だなと熟々思いました。前後の条文もしっかり見ないと、ケアレアミスを起こしてしまうので気をつけたいです。
 
法令集のどの部分に何が載っているか、他の参加している方々の回答を聞いて、自分がまだまだ理解出来ていないな...と感じました。やる気に火をつける良い機会となりました!ありがとうございました。

・本試験問題の読み方、フォーカスポイントをいかに適切に見つけるかが合否の鍵を握るということ。
 
類似用途間の変更について、確認申請不要の場合と、既存不適格の遡及の場合で、「類似」の範囲が違うことや、階避難安全検証法と全館避難安全検証法の緩和項目の違いなどがよく分かりました。ひとつの条文だけ見てもわからないことがあることが分かりました

 
視点を少し変えるだけで、理解度が大きく変わることがわかりました。これからの学習に役立つ内容でした。
 
・問題を解く時のアプローチを記録することで、ケアレスミスをしにくい解き方や、時間を掛けすぎない解き方について知ることができました。また学んだ事で満足せず、試験対策として準備する事(アウトプット)の重要性に気づきました。
 
・苦手な部分、得意な部分のそれぞれの再確認ができました。講師の何度も繰り返す教え方のおかげで、頭に根着いた事も多く感謝してます。
 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所