一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
合格物語
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格最前線ニュース

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録

学科合格支援ソフト
合格物語
詳しくはこちら
合格最前線ニュース

<<一覧へ戻る
合格最前線ニュース

■【法規2,3 講習会の参加者アンケート結果】
2017年05月01日
■【法規2,3 講習会の参加者アンケート結果】
4月22日,23日に開催した法規2,3 講習会にご参加頂いた皆様からのアンケート結果を紹介いたします.
 
【参加を決めた理由】
・既存不適格や避難安全検証法は、あいまいな認識で法令集を引きがちなので、キチンと理解し、出来れば引かずに解答できるようになりたいです。
  
・基準法には目が行くのですが、実はあまり理解していないその他法令。不安です。
 
・闇雲に勉強をするより、要点整理されたものを学習する方が、効率が良いと思うため。
 
・とにかく法規が苦手、去年、基準点を超えられなかったので何とかしたい。
 
・理解しているなずなのに、いつも中々得点に結びつきません。私にとって法規は本当に厳しいと思います。
 
・思った以上に法規の勉強に時間を要し、予定より大幅に遅れております。講習会を利用してペースを上げたいです。
 
・以前に参加した講習会がとても参考になりました。独学では得られない刺激を受けたいと思い、また参加したいと思いました。
 
・講習会で条文のポイントを掴み、読み取りスピードを向上させたいため。
 

【参加した感想】 
・平面的な思考で法令集を横滑りしている自分が居ました。こなすことばかり夢中になっていたようです。立体的に組んで繋げていくイメージで、バラバラになっている知識を組み立てるのに良い機会になりました
 
・法律の全体を捉え、その中で重要条文を把握し、また条文の前後や関連条文に関心を持ち、幅広く理解していくことの重要性を理解しました。試験対策として覚えたほうがよい条文と、法令集で対応したほうがよい条文があることを知ることが出来てよかったです(覚えきれていない自分に落胆をする機会にもなりました)。講義はわかりやすくて、とてもよかったです
 
講義を聞いて、普段の自分が問題をこなしているだけだと再認識しました。このまま本試験まで行っていたら、間違いなく食われていました。「試験中にヤバイと思って普段引いていない条文を探そうとして、時間が無くなり、更に慌てて問題を解いている」といった自分をイメージしました。直ぐ条文を引くのではなく、出題者が言っている(これ知ってる?少し変えるとわからんだろ?みたいな)ことに焦点を当てながら、問題に取り組もうと再認識しました
  
 
・条文や問題の詳細解説だけではなく、その条文が必要となるタイミングや、実例の紹介、解き方の分析などを交えたリアリティのある講義で楽しく勉強できました。
  
法規の体系的な理解はもとより、問題をどのようなプロセスで解くのかを実践してくださり、これまで自己流での進め方を深く反省するばかりです。特に、問題の肝所を見抜く実践を知ることができ、自分なりに取り込もうと思います。後3か月、過去問をもとに知識の体系化に励みます。ありがとうございました。
 
まだ、1巡目の呪縛から抜け出せず、悶々とした日々ですが、インプットの仕方、効率的な勉強、スケジュールの修正や管理などを考えながら学習をするようになってきました
 
とてもためになりました。予習できず、まだ取りかかっていない部分で、講義中にはイメージ出来なかった所も、後から講義の内容を思い出しながら問題を解くと、とても理解が進みました
 
講義に付いていくのは大変でしたが、復習していくと内容がわかってきたので参加して良かったです。過去問を解くだけではない内容理解の勉強法を続けていきたいと思います

 

<< 一覧へ

 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所