一級建築士試験
トップページへTOP FAQFAQ 会社案内会社案内 お問い合わせお問合せ サイトマップサイトマップ
商品案内・申込 合格理論 合格最前線ニュース Web講義 ブログ大賞 ソフトアップデート情報

合格物語について
「合格物語」について
合格物語の7つの特徴
超効率学習の世界を体験
ソフトの動画マニュアル
操作マニュアル(PDF)
体験版ダウンロード
合格者の声
推奨の使い方

メールマガジン
今年の試験における最新情報をメールで無料配信中!

今すぐメルマガ登録
論述コンテスト
一級建築士試験についてのブログを募集
入賞者には金一封
あなたもブログ大賞に参加して豪華商品をゲット!
詳しくはこちら

合格者の声
「合格物語」を活用し、合格された皆様からの声を集めました。
既に合格物語をご利用頂いている方も、これから合格物語を始められる方も、
是非ご覧ください。ここに合格へのヒントがあります。

合格者の声(アンケート)

受験回数 5回 試験の本質は過去問で養える
理解すべきことと暗記すればいいこと
性別 男性
所在地 京都府
受験生の方々には、合格物語を信じて、ひたすら過去問に取り組んでほしいと思います。 今年に限らないと思いますが、試験元は何とかひねって出題してきますが、それでも落ち着いて読み込めば本質が見えてくるはずです。 それは過去問で養えるチカラだと思います。 どれだけひねっても、建築計画の考え方が変わるわけでも、歴史が変わるわけでも、法律が変わるわけでも、構造計算の考え方が変わるわけでも、施工の手順が変わるわけでも、ありません。 「新問対策しないと受からない」と踊らされて、本質を見失ってはなりません。 あとは理解すべきことと、暗記すればいいことは区別した方がいいと思います。 やみくもに○×問題に取り組むのではなく、ポイントを押さえた勉強も大事です。 出題される範囲は膨大です。まんべんなく、しかしメリハリをつけて勉強するのも大事だと思います。 その辺のアドバイスもWEB講義にあります。
受験回数 2回 一問一答形式で理解度を管理
やることは出来ない問題を減らす作業
性別 男性
所在地 京都府
合格しました。 合計点は114点でした。 一問一答形式の問題構成が良かったのだと思います。 間違えた問題は2日以内に解き直しました。 また理解が浅いと感じた問題にも△マークを付けて何故そうなるのか言えるように解き直しました。 (全問解き直しはスケジュール的に厳しかったので)ソフト派か紙派で別れると思いますが、やることは、出来ない問題をいかに減らすかの作業という点では同じだと思います。 私は勉強時間をつくって過去問3巡しました。 間違えが続いた問題は更に解き直しました。 このやり方は、時間のない受験者の方には、あまり参考にはならないかもしれません。 合格物語の関係者の皆様、有り難う御座いました。
受験回数 5回 過去問の不足が合格に繋がらなかった
最後まで諦めない!信じる事!
性別 男性
所在地 神奈川県
自分は過去数回市販教材で独学受験し87点→86点→体調異常→89点と常にあと数点に悩んでいました。 但し学校通いの選択は都合上出来ず何か変えなければと思っていました。 そんな中、合格物語の存在を知り、過去問の不足が合格点に繋がっていないと実感しました。 一巡させる時に不正解問題は「5日後再出題」で正解するまで繰り返し不正解を無くしました。 自分オリジナルまとめノート(A4で20枚位、試験当日の確認用にも使用。 是非、 最後まで絶対諦めないで頑張っていけば必ず実ると信じて、合格を勝ち取って下さい。
受験回数 2回 合否を分けるのは精神面!?
ミスさえなければ余裕で合格できる!
性別 女性
所在地 島根県
最後に合否を分けるのは意外と精神面なのでは?と思います。 昨年は学科初受験で落ちてしまったのですが、試験最中に何度も心が折れていました。 (今思えば自分で折っていただけなんですが、、、)「全然わからない、見たこともない、勉強の仕方が悪かったんだなぁ」と試験中に痛感し勝手に戦意喪失していたのです。 しかし、自己採点してみると意外にも○が多くて驚きました。 2度目の受験となった今回は昨年の精神状態を踏まえて、試験前日まではこれでは足りない、もっとがんばらないと落ちる!と自分を追い込んで机に向かっていたのですが、当日は一転、ミスさえなければ、全然余裕で合格できる!と言い聞かせ、精神コントロールに努めました。 試験中は全然できていないように感じるのはみんな一緒!むしろ自分はめちゃくちゃできているのだ!!!と唱えていました。 以上が後進の受験生へのアドバイスです。
受験回数 1回 合否を分けるのは精神面!?
記憶に残す工夫を自分で考える
性別 男性
所在地 新潟県
紙ベースで繰り返し勉強しました。 3回以上を目標にしましたが、計画と法規は時間の関係で二回しか出来ませんでした。 しかし直前に検索機能を使い法規の×問をやったのは時間がない中で有効な勉強法だったと感じています。 力学計算厳選問題も直前の時間がない中で有効な勉強になったと思います。 11月、12月の力学講習会に参加して、その場では理解できなかったので、繰り返し復習して理解できるようになりました。 計画の建築作品関係は過去問に出ていた全部を会社のパソコンからインターネットで写真をプリントアウトしました。 ビジュアルにすると記憶に残りやすいと思います。
受験回数 1回 電車の中でも隙間時間を有効に使う
情報量が多いのでコントロールがキモ
性別 男性
所在地 神奈川県
メールマガジンで、「タブレットで使用している方」の話を読み、同じレノボ社のタブレットを購入、インストールし、電車での移動時など有効に時間を使うことができました。 「理解済」の緑ラベルや「間違えた」赤ラベルに加えて、自分で色つきのタブを選べるので、活用するとよいと思います。 とにかく情報量が多いので、すぐにぴっぱって来れるよう、タブ付けのように使うと効果的だと思います。
受験回数 2回 質疑応対も丁寧で満足!
苦手だった法規でも9割とることができた
性別 女性
所在地 東京都
合格物語で繰り返し過去問を解きました。 今回は「○×問題」を6〜7回ひたすら繰り返しました。 ただ、本番で細かい部分がうろ覚えになっている実感があり、定番の問題をいくつか落としてしまったので、穴埋めや付箋機能をもっとフルに使いこなせたら良かったなと反省しています。 過去問収録分が20年分、多くの過去問に触れることができてよかったです。 苦手だった法規でも9割とることができ、合格出来て本当に嬉しいです。 何度か問い合わせた時も、丁寧にご対応頂いてありがとうございました!
受験回数 6回 自分にできそうなやり方をみつける
メルマガは欠かさず読む
性別 女性
所在地 兵庫県
合格物語1年目は、ソフトの「基本学習」を1巡して終わりました。 2年目の今年は、「合格者たちの声」で読んだ方法から、自分にできそうなやり方を検討し、合格物語のPDF印刷教材を中心に勉強しました。 ソフトは○×問題を1巡し、2巡目は間違えた問題の理解に終始しました。 一般のメルマガとUM(ユーザーメルマガ)は欠かさず読み、ソフトで関連問題を検索しました。 6年目(合格物語2年目)の合格です。 合格物語・ウラ指導のおかげです。 本当にどうもありがとうございました。 製図も引き続き頑張りたいと思います。
受験回数 2回 いつでもスキマ時間に見直しを
最後に伸びるのであきらめない
性別 男性
所在地 兵庫県
いつでもスキマ時間に見直しが出来る印刷物は非常に重宝しました。 早く問題が解けるため勉強のほとんどを印刷物で勉強しました。 これだけやれば受かると信じて3回の目標を立てましたが、量が多く、2回しかできなかったのですがなんとか合格できました。 7月に模試を受けた時、酷い点数でしたが最後まで諦めずにやれば何とかなりました。 構造と法規は最後まで点数が伸びるので頑張って下さい。
受験回数 3回 音声データの活用がイメージを作る
問題を解く時に文字だけで判断しない
性別 男性
所在地 東京都
始めた頃は音声データを聞くときに、PDFを印刷したもので文字を目を追いながら2倍速で聞いていましたが、ある程度イメージできてくると印刷物が無くても頭の中でイメージできる感覚がありました。 科目によっては2.8倍速にして短時間で復習が出来ました。 問題を解く時に、単に文字で考えるのではなくイメージを伴って考えることの重要性を実感しました。
受験回数 2回 間違えた問題は再出機能で何度でも
音声は無理に覚えなくても自然に入る
性別 女性
所在地 神奈川県
仕事のPCの隣に合格物語用PCを置き、隙間時間を見つけて、(隠れて)やっていました。 間違えた問題は、正解するまで、何回も解きました。 一つの事にしか集中できない性質で、音声は、寝る前にも聞きましたが、すぐ寝てしまって。。。(笑) でも、睡眠学習ではないけれど、自然と頭に入っていたのかもしれません。 全て、終えたわけではなかったのですが、何とか合格できました。
受験回数 2回 PC学習の優位性を実感
理解度をコントロールする意識で
性別 男性
所在地 東京都
PC上なので、移動中など机がない場所でも勉強が出来る点が良かったです。 自動再出題をつかって、一つの問題に対する理解度をコントロールしていくことを意識しました。
受験回数 4回 単なる過去問集ではない
精神的にキツイときも助けられました
性別 男性
所在地 兵庫県
四択の繰り返しではない! これは最終的な効果にも結び付いたのですがこれが決定的な違いなのです! 紙教材や四択問題では、どうしても「○」「×」を覚えてしまいがちですが、塗りつぶしやランダム機能を使うことで徹底的に暗記、理解をすることに努めました。 そして、自動再出題機能がついている!!! これは本当にお世話になりました。 記憶の定着をする為には深く理解し「繰り返し復習」することだと感じました。 つらいときは復習問題が500問を超えるときもありました。 しかし、結局これを、「また間違えてたらなにも意味がないよ」と奮い立たせました。 受験生のブログや合格物語OBの方々のブログをかなり拝見しました。 独学で孤独ながら、みんなも奮戦していることを知りました。 実際に試験一週間前など、自信のなさ、恐怖、負けた時の悲しみ等々爆発し、ネガティブになっていた時、みんなもこんな気持ちになっているんだなど知り、自分だけじゃない他の受験生も同じなんだと助けられました。 (あと、ウラ指導の一発逆転模試のライブ感もかなり良かったです。ほんと) 正直こんな長く書くような人間ではないのですが、独学をしている方々にはもっと知ってもらいたいです「合格物語」。 一年間ありがとうございました。
受験回数 3回 早めに取り組み数をこなす事
やり抜く事、それに尽きる
性別 女性
所在地 京都府
一問一問の過去問の理解が合格の近道でそれしかないと思いました。 早めに取り組み数をこなすだけで苦手な構造計算が全問正解になりました。 やり抜く事、ただそれにつきました
受験回数 5回 合格点を網羅できる勉強素材として
ペースやスケジュール管理は自分でやる
性別 男性
所在地 神奈川県
自分は諸事情から独学で学科は受験すると決めていました。 過去数回市販の教材や過去問集(7年分)で受験し、数点足らない中、去年は1点不足となり今のままでは得点が伸びないと確信しました。 今年で最後にすると覚悟を決め、何か確実に合格点を網羅できる勉強素材がないかネット検索を経て、過去の合格点を完全カバーし、勉強すべき問題が厳選されていることで全体量が把握できる「合格物語」に決めました。 独学で受験する場合、どの範囲やどの位の問題をやることで合格点に達するかが不明でした。 (多いに越したことは無いですが限度があるので。) その不明さが勉強量の甘えや不安に繋がっていたと思います。 つまり、合格点を取るための勉強量がはっきりしたことで勉強のペースやスケジュールを組むことができたと感じます。
受験回数 5回 過去問の勉強が効果的な事を実感
付箋機能を使い徹底的に曖昧を無くす
性別 男性
所在地 大阪府
過去問収録数が多かったため合格物語を利用しました。 今回はカド番落ち後の学科試験でした。 過去問による勉強が効果的であることを以前受かった時に実感していたため、過去問収録数が多い合格物語は良いと思ってます。 合格物語で、計画から順に一通り○×で解く。その際正解不正解が自動で色付けされるがそれだけでなく、正解していても曖昧だったり理解していなければ付箋機能で色分けする。 2周目に同様に解いていくが同じ問題を2回目も理解していなければ赤の付箋にする。 3回目は付箋で色付けしたものだけ解く。 4回目は3回目で間違えたものだけを解く。 その後模試を解く。(今回はウラ指導の模試) この時点で1ヶ月前。模試の見直しと、模試の問題文へ理解していない内容をドンドン描き込んでいく。 特に法規は法例集を引かなくてもある程度絞り込めるように内容整理をする。(特に耐火や内装制限) 最後の1週間は模試の整理内容と、合格物語に収録されている過去問でよく間違えたものを見直しました。
他にもたくさんの合格のご報告を頂きました。
ありがとうございました。

尚、昨年度の「合格者の声」もヒントが満載です。併せてご覧ください。こちら
ページの先頭に戻る
 このサイトについてプライバシーステートメント特商法に基づく表記免責事項
株式会社田島建築研究所